1.冒険家永瀬忠志

第10回植村直己冒険賞を受賞した冒険家永瀬忠志さんをご存じですか?

リヤカー(田吾作号)を引いて世界中を渡り歩き、その距離は4万キロを超えています。
この4万キロ強という距離は地球一周に相当する想像を絶するものです。

リヤカーを引いて歩く冒険家ということで、彼はリヤカーマンと呼ばれています。
彼がリヤカーを引き冒険を始めたのが1975年だそうですから
それ以後、実に30年以上も永瀬さんは冒険を続けているわけです。

永瀬さんの冒険の記録はテレビでも放映されています。

リヤカーマンのでっかい地球!大冒険

2.2005年植村直己冒険賞受賞

冒険家永瀬忠志さんは、2005年植村直己冒険賞を受賞されています。

植村直己冒険賞は植村直己さんの優れた人となりを後世に継承するために設けられたもので、
自然を相手に創造的な勇気ある行動をした人または団体に贈られる賞です。

永瀬忠志さんは、1975年から現在に至るまで30年以上リヤカーを引きながら世界各地を
徒歩で冒険しています。その距離はなんと4万キロを超え、地球1周分に相当します。

植村直己冒険館

3.冒険家永瀬忠志さんの足跡

1975年日本徒歩縦断 3200km 70日
1978~79年オーストラリア大陸徒歩横断4200km 100日       
1982~83年アフリカ大陸徒歩横断 6700km 216日
1987年韓国徒歩縦断 466km 11日
1988年スリランカ徒歩横断 360km 9日
1988~89年台湾徒歩縦断 536日 14日
1989~90年アフリカ大陸徒歩横断・サハラ砂漠徒歩縦断11100km 376日
1992年ジャワ島徒歩横断…未達成 253km 7日
1995年マレー半島徒歩横断 408km 11日
1996年南インド徒歩横断 562km 18日
1997年パラワン島徒歩縦断 414km 11日
1998年モンゴル徒歩縦断 864km 25日
1999年タイ北部徒歩横断 596km 15日
2000年タクラマカン砂漠徒歩縦断 590km 11日
2001年紀伊半島徒歩横断 155km 5日
2001年カラハリ砂漠徒歩縦断 591km 14日
2003~04年南アメリカ大陸徒歩縦断 8800km 266日
2004年沖縄島徒歩一周 312km 8日
2005年日本徒歩縦断 3000km 79日

総踏破距離:43107km
総日数:1266日

実に地球1周に相当する距離を永瀬さんはリヤカーと共に歩いてきた
ことになります。尋常ではない精神力ですね。

4.冒険家永瀬忠志さんのリヤカーについて

永瀬忠志さんのリヤカーは「田吾作号」という名前がついています。
そして田吾作号のタイヤはミリオンタイヤという株式会社共和の製品のようです。

株式会社共和を永瀬忠志さんが訪問した際のインタビューが掲載されています。

コチラ